美白のメカニズムを知る

美白のメカニズム

美白のメカニズムを考える

 

しみやそばかす、あるいはくすみができる原因のひとつに、「紫外線」があります。これは、紫外線という「攻撃」が加わることで、「内部までその攻撃が影響を及ぼさないように」という目的で、メラニンが発生することによっておきます。つまり、メラニン自体は、防衛反応なわけです。

 

しかしこのメラニンというのは、「美白」を目指すひとにとっては、あまりありがたいものではありません。そこで、そのメラニンに対応していく「美白成分」が取り上げられることになります。今回は、この美白のメカニズムを考えていくことにしましょう。

 

 

なぜ、どうして?

 

「美白のメカニズム」と一口にいっても、その働きは、大きく分けて二つあります。「予防」と「回復」です。

 

予防の方は、「メラニン色素を作らせないようにする」というものです。ビタミンC誘導体やルシノール、あるいはアルブチンといったものがこちらに分類されます。正確なデータがないので個人的な体感で申し訳ありませんが、「美白成分」というのは、こちらの「予防」の方が優勢であるように思います。

 

次に、「回復」の方です。これは、既にできてしまったしみやくすみなどに働きかけ、「なかったこと」にする、かなり強いものですね。その成分の強さゆえ、刺激があるものもあり、医師の処方によることを推奨されるものもあります。代表例は、「肌の漂白剤」の名前でも知られるハイドロキノンです。