ビタミンc誘導体化粧水

ビタミンC誘導体配合の化粧水が強いワケ

ビタミンC誘導体とは何か

ビタミンC誘導体を配合した化粧水があることは、みなさんもすでにご存知かと思います。ビタミンCが美白などに効果があることも、もちろん知っているでしょう。ではこの「ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」は何が違うのでしょうか。ビタミンCは、美白や殺菌作用、抗酸化作用などの効果を持つことから、美容のみならず健康にも大変いいものです。しかしこのビタミンCは、非常に壊れやすいのです。かつ、ビタミンCは水溶性のため、肌にちゃんと吸収されません。肌には、水溶性の物質をはじいてしまう性質があるからです。
そこで必要になってくるのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は「合成物質」です。これは体内に入り、酵素に働きかけられることにより、ビタミンCへと変化します。そのため、より効率よく、こわされずに、とりこむことが可能なのです。

ビタミンC誘導体の「限界」

しかしこのビタミンC誘導体にも限界があります。ビタミンC誘導体は、角質層までにしか至らず、真皮には届かないのです。ちょっとがっかりしちゃった人もいるのではないでしょうか。
ただ、角質層まで届く、というだけでも、十分な効果はみこめます。まず、毛穴をしっかりひきしめ、お肌の調子を整えることができます。
また、メラニンに対する対抗力も衰えません。たとえ真皮に届かなかったとしても、ビタミンC誘導体の化粧水は、十分一定の効果をあげてくれるのです。