vc誘導体

知ってる?「VC誘導体」

VC誘導体、は何の略語?

お恥ずかしながら私、「VC誘導体」という単語を聞いたとき、「えーっと、機械か何かの部品のことですか?」とリアルに思ってました。こう、電気などを機械に送るためのコードのようなものを想像していたんですね。こんなおバカは私だけだと思うのですが、このままではいかん!と調べてみました。
…VC誘導体って、「ビタミンC誘導体」のことでした。「VitaminC誘導体」の略称だったんですね。ということで、今回はこの「ビタミンC誘導体(VC誘導体)」について考えていきましょう。

なぜ「誘導体」にならなければいけないの?

ビタミンCが肌や健康に有用なことは、もう言わずもがなでしょう。でもなんで、わざわざVC誘導体という形で、「誘導体」にならなければならないのでしょうか。ビタミンCは、とても不安定な物質です。その上、水溶性なので、肌に直接おいても、吸収されないわけです。(つまり、一時はやったフルーツパックなどは、心地よさとリラックス効果はあるものの、肌への影響はほとんどない、ということですね…)そこで「開発」されたのが、VC誘導体です。
VC誘導体は、「体内」「生体内」に入り込み、酵素反応を起こすことで、ビタミンCに「変化」します。体の中でビタミンCにかわるため、吸収効率がとてもよく、安定する、ということですね。尚、化粧水などに含まれている「ビタミンC」は、多くのケースでこのように「VC誘導体」を使っています。